やっぱり物理が好き

素粒子物理や数学の勉強記録、海外滞在記、その他徒然日記
※「物理ブログ同盟」管理人のブログ

 ※ 各エントリーと無関係な雑談は、こちらへどうぞ >>> 雑談用エントリー
 ※ リクエスト、メッセージ等はこちらからどうぞ(お気軽に♪) >>> リクエストメール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 科学ブログへ

※ この記事は、お役に立ちましたか?
 役に立った……ランキングに投票
 役に立たなかった……他の自然科学関連ブログが集まるランキングへ



専門書その他、到着

 夜、数日前にネットで注文しておいた書籍が配達されました。今回はちょっと多めにまとめ買い。書籍代が結構かかってしまいましたが、しょうがないか。

 届いた本の一覧。


『「ファインマン物理学」を読む』竹内薫著(講談社)
『宇宙論入門』バーバラ・ライデン著(ピアソン・エデュケーション)
『理論物理学のための幾何学とトポロジー 1』中原幹夫著(ピアソン・エデュケーション)
『理論物理学のための幾何学とトポロジー 2』中原幹夫著(ピアソン・エデュケーション)
『Star egg』森博嗣著(文芸春秋)
『六人の超音波科学者』森博嗣著(講談社文庫)

 計六冊、約14000円。

『「ファインマン物理学」を読む』は電磁気学バージョンです。確かほかに量子力学バージョンかなんかも出ていたような気がします。どちらかというと電磁気学のほうが苦手だし、ファインマンといえばやはり電磁気学が真骨頂だし、こっちを買うことにしました。

『宇宙論入門』この本はいろいろな話題が入っていて勉強になりそう。オハイオ州立大学での主に物理と天文を専攻する3、4年生に対する宇宙論コースの講義をもとにしたテキストです。面白そう。

『理論物理学のための幾何学とトポロジー 1』『2』は、その名のとおり。最近、急激に幾何学好きになった私としては、ぜひとも読んでみたいテキストです。内容はわりと広範囲になっています。

『Star egg』『六人の超音波科学者』大好きな森博嗣氏の本。特に前者は、森博嗣氏自ら「印税はいらないから、その分安くしてより多くの人に読んでほしい」と言わしめた絵本です。理系作家ならではというか、ラストの解説がいいなぁと思いました。
スポンサーサイト


にほんブログ村 科学ブログへ

※ この記事は、お役に立ちましたか?
 役に立った……ランキングに投票
 役に立たなかった……他の自然科学関連ブログが集まるランキングへ



<<『数理科学 12月号』 | Top | 続・微分幾何(1)>>



わー、本いっぱいでいいですね。
私も以前はいろいろ身の回りにおいて置くのが好きであったんですが、日本帰国時にもって帰ってそのまんま。。
今はあまりにもないから、図書館から借りまくってますよ。なぜか本が回りにあると安心できるんです。
馬鹿なもんで・・
2004/11/30 02:59 URL by euler [ 編集] Pagetop△
■eulerさん
私も、本がいっぱいあると安心します、というか嬉しくなります(笑)
洋服代などより、書籍代が最優先です!(笑)
とはいえ、今回はちょっと買いすぎたかな……
まあ、専門書は旦那も読めるからいいかなと(言い訳)
eulerさんみたいに、図書館が使えるといいですねー
でも私はテキストに書き込みたいタイプだから無理かな?
あ、コピーすればいいか。
2004/11/30 13:36 URL by さとみ [ 編集] Pagetop△
ありがとうございます。











管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://feynman777.blog14.fc2.com/tb.php/44-1d8b3dc8
» FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。