やっぱり物理が好き

素粒子物理や数学の勉強記録、海外滞在記、その他徒然日記
※「物理ブログ同盟」管理人のブログ

 ※ 各エントリーと無関係な雑談は、こちらへどうぞ >>> 雑談用エントリー
 ※ リクエスト、メッセージ等はこちらからどうぞ(お気軽に♪) >>> リクエストメール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 科学ブログへ

※ この記事は、お役に立ちましたか?
 役に立った……ランキングに投票
 役に立たなかった……他の自然科学関連ブログが集まるランキングへ



東野圭吾作品が好き

 今年の6月末~9月末までの約三ヶ月間、イタリアのトリエステに滞在していたし、いまも約三週間、台湾の新竹に滞在しています(明後日27日帰国予定)。本好きというより活字中毒な私は、どちらの海外滞在にも何冊も本を持参しました。
 その中で一番冊数が多く、再読数も多いのが、東野圭吾作品でした。

 なぜ、こんなに東野作品が好きなのでしょう。


 まず第一に「推理小説である」。
 これ重要。ほかのジャンルも好きだけれど、推理小説は圧倒的に好きです。読書量・蔵書の大半を占めます。ちなみにほかの推理作家(ただし近代日本に限る)で好きなのは、森博嗣氏、京極夏彦氏、高田崇史氏、宮部みゆきさん、綾辻行人氏、有栖川有栖氏、でしょうか。

 次に「トリックも面白いけれど、それ以上に背景のドラマがあること」。
 かなり感情移入しやすいタイプなので、東野作品に頻繁に現れる”切ない系”のストーリーが特に好きです。人の感情を描写するのがとても巧い作家さんだと思っています。具体的には「パラレルワールド・ラブストーリー」(この作品が一番好き)「秘密」「宿命」あたりが特に(極めて個人的評価)。

 最後「再読に耐えうる文章、構成」。
 くどくなく、重くなく、軽すぎず。何度読んでも疲れません。登場人物の会話も読みやすくて好きです。

 と、突然このような記事を書いたのは、本サイトの掲示板でたまたま東野氏の作品についてお話ししたのと、下記の記事を読んだためです。グッドタイミングでした。

■秋田音楽工房「東野圭吾好き集まれー」
http://blog.livedoor.jp/lenbas1124/tb.cgi/9733948
スポンサーサイト


にほんブログ村 科学ブログへ

※ この記事は、お役に立ちましたか?
 役に立った……ランキングに投票
 役に立たなかった……他の自然科学関連ブログが集まるランキングへ



<<SUSY復習 | Top | SUSY講義(12)>>



トラックバックありがとうございます。イタリア滞在ですかぁ。いいですねー。私、音楽をやっておりますので、ヨーロッパに滞在、と聞くと憧れてしまいます。
さて、東野圭吾話に戻りますが、「どちらかが…」「私が彼を…」の2作も好きですねー。あと、「天空の峰」も映画のような迫力で圧倒されました。
「レイクサイド」「トキオ」など、映像化されている作品をまだ読んでいないので、時間を見つけて挑戦したいです。
2004/11/26 03:31 URL by lenbas1124 [ 編集] Pagetop△
■lenbas1124さん
こちらこそ、興味ある記事をありがとうございます!
確かに音楽の本場はヨーロッパにありますもんねー
イタリア、とっても良かったですよ。
トリエステというマイナーな土地でしたが(笑)
東野圭吾氏、私も「どちらかが……」「私が彼を……」も大好きです!
「天空の蜂」は未読なので、近々読もうと思います!
また東野話をしに遊びに行きますねー♪
2004/11/26 05:57 URL by さとみ [ 編集] Pagetop△
ありがとうございます。











管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://feynman777.blog14.fc2.com/tb.php/40-17754c24
» FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。