やっぱり物理が好き

素粒子物理や数学の勉強記録、海外滞在記、その他徒然日記
※「物理ブログ同盟」管理人のブログ

 ※ 各エントリーと無関係な雑談は、こちらへどうぞ >>> 雑談用エントリー
 ※ リクエスト、メッセージ等はこちらからどうぞ(お気軽に♪) >>> リクエストメール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 科学ブログへ

※ この記事は、お役に立ちましたか?
 役に立った……ランキングに投票
 役に立たなかった……他の自然科学関連ブログが集まるランキングへ



 今日は天気も良かったし、旦那も休みだったので、二人で自転車でマギール大学の近くにある本屋に行ってきました。大学付属の本屋と、大学前にある本屋。わざわざ二ヶ所いったのは、探している本があったからです。

 結局見つからなかったのですが、その本とは、

Warped Passages (Penguin Press Science S.)
Warped Passages (Penguin Press Science S.)
Lisa Randall
Penguin Books Ltd (2006/08/03)

です。

 すごいですね、このツール。よく、書籍紹介に本の表紙画像をアップしているブログがあって、すごく見やすいなぁと思っていたのですが、今回初挑戦。なかなかいい感じですね。
(ほかの記事の書籍紹介も、これで修正しようかな……)

 閑話休題。

 というわけで探したのですが、ハードカバーは見つかったものの、このペーパーバック版はなかったのです。お店の人に聞いてみたら、注文しないとないとのこと。かなり残念。モントリオール滞在中にもう少し探してみますが、たぶんないんだろうなぁ。

 さて、代わりというわけではないのですが、


"Surely You're Joking, Mr. Feynman!": Adventures of a Curious Character (OPEN MARKET EDITION)
Richard Phillips Feynman、Ralph Leighton、Edward Hutchings
W W Norton & Co Inc (1997/04)

を購入しました。いわゆる『ご冗談でしょう、ファインマンさん』ですね。その原書です。日本語訳は何度も読んでいるし、ぱらぱらと読んでみたところ比較的わかりやすい英語で書かれていたので、買ってみました。嬉しいなぁ。

 というわけで、今日は、一勝一敗といったところでしょうか。
スポンサーサイト


にほんブログ村 科学ブログへ

※ この記事は、お役に立ちましたか?
 役に立った……ランキングに投票
 役に立たなかった……他の自然科学関連ブログが集まるランキングへ



<<モントリオール日記(7) 世界の女王マリア大聖堂 | Top | ping送信を一括で>>



こんにちは。
 ファインマン氏の原書はこちらの大学でも売っていましたよ。
英語より数学が優先なので購入はしませんでした。
 前期試験はほぼ壊滅でした。私のあたまの中では物理学の芽が出たところなので後期はなんとかしたいです。なんとかしても落第点にかわりはないですけれど。
2006/08/05 10:37 URL by kaz [ 編集] Pagetop△
はじめましてm(_ _)m
さとみさんのブログ、以前から読ませてもらってます。
私も素粒子の学生なんですが、先輩とよく「さとみさんって誰なんでしょうね??」という会話をしています(^^)
実は、以前からこのブログのリンクを私のブログに貼らせていただいてたんです。
ご連絡が遅れたことと、無断でやってしまったことをお詫びしますm(_ _)m

素粒子は男性が多い業界なので、以前はいろんなご苦労されたんじゃないですか??
私も大変だけど頑張りますっっq(^^)p
2006/08/05 16:51 URL by たかっぱ [ 編集] Pagetop△
◆kazさん
大学その他、洋書を売っているお店では、置いてあるでしょうね。
やっぱり人気ありますものね。
勉強というよりは、やはり崇拝するファインマンの本ですからねー
いままで洋書で読むことは考えてなかったのですが、
ふと、原書で読んでみたいかもと思い、買ってみました。
いずれは洋書の専門書を読むことになると思うので、
英語はそのときに勉強されればいいでしょうね。
(専門用語や決まり文句がわかれば、勉強するほど難しくないですが)
後期の勉強、がんばってください。

◆たかっぱさん
おおお~ 読んでくださっているのですね、ありがとうございます!^^
素粒子の方なんですね、よろしくお願いします♪
私が誰か……(笑)、同年代の素粒子論屋だったら、
わりと私のことを知ってる人がいるかもしれません。
ドロップアウト中ですからね~(泣)
知る人ぞ知る(?)といったところでしょうか(笑)

リンクの件ですが、全然問題ありません。^^
むしろ、リンクしてくださってありがとうございます!
ブログ拝見しました、ストリングの方なのですね。

> 素粒子は男性が多い業界

理学部(特に物理学科)はそもそも男性社会なので、慣れました。^^;
もともと、私自身が中性的なタイプなので、苦労はさほどありませんでしたよ。
周りの友人たちも、良くしてくれましたしね。^^

私はたかっぱさんに比べて、全然勉強進んでおりませんが(ダメじゃん)、
お互いがんばりましょうね!!^^

たかっぱさんへ追記:
すみません、ついホストを見てみました。^^;
ああっ! あそこの大学の学生さんですかっ!!
そちらの素粒子には、お世話になった方が二人いらっしゃいます。^^
(というと、すぐわかっちゃうかな?)
よろしくお伝えください(笑)
2006/08/05 23:49 URL by さとみ [ 編集] Pagetop△
さとみさん

今日、「ファインマンの手紙」読んでて、
ふと思い出したことがありました。
もう随分前ですが(ぼくがDC学生の頃)、
ファインマンの映画が上映されていたのをご存知ですか?
最初の奥さんとの恋愛を描いたものでした。ファインマン役の俳優の見た目が意外に似ていたことを覚えています。
ぼくは、研究室の先輩何人かと大阪・梅田の映画館へ
観に行きましたよ。(当時、大阪以外で上映していたかは
知りません)

DVDにはなってないでしょうねぇ~
こんなマニアックな映画は(^^)
(タイトルは忘れてしまったなぁ。。。
ググったらわかるかも?!)

それでは、また~
2006/08/07 21:06 URL by まる [ 編集] Pagetop△
たびたびすみません。

さっそくググってみたら、見つけちゃいました。
その映画のタイトルは、

「インフィニティ 無限の愛」

でした。
このタイトルつけた人って、ファインマンの業績知ってる人が
つけたんでしょうか???
タイトルとしては、ちょっとウマすぎると思うのは、
ぼくだけでしょうかね。。。
2006/08/07 21:13 URL by まる [ 編集] Pagetop△
◆まるさん
ファインマンの映画!! 知りませんでした!!
うわー、観たかったー!
Amazonで検索してみましたが、DVDとか見つかりませんでした。^^;
ってことは、もう観れないってことですね……かなり残念です。
まるさんは、その映画を観るために大阪まで行かれたんでしょうか?
すごいです!!

映画のタイトル……ファインマンの映画を撮ろうとするくらいだから、
きっと彼の業績もある程度は知ってたのでしょう。^^
確かに、うまいタイトルですね。^^
ああ、観たい……
2006/08/10 03:15 URL by さとみ [ 編集] Pagetop△
さとみさん

コメントありがとうございます。
私の大学がバレちゃいましたか(^^;)
スタッフと「さとみさんが誰か?」を話したことがあったんですが、思い浮かばなかったようでしたけど、全然わかってないみたいでしたよ(^^)

実は、さとみさんが思ってくれてるほど、私の研究は進んでいません...。
ひたすら論文を読んでいる感じで、具体的な方向性はまだまだこれからなんです。

さとみさんが結婚されてからも頑張ってらっしゃるのをブログで拝見して、すごく励まされました!
お互いがんばりましょうねp(^_^)q
2006/08/10 03:38 URL by たかっぱ [ 編集] Pagetop△
◆たかっぱさん
あはは、すみません。^^; つい見てみてしまいました。^^;
そっか、わかってませんでしたか(笑)
それはホッとしたような、ちょっと寂しいような(笑)
二人とも、(旦那以外で)私が尊敬する素粒子論屋でもあります。^^

> ひたすら論文を読んでいる感じ

それがある意味とっても重要なことだと思っています。^^
なので、どんどん論文読んでいるのは、「進んでる」と思いますよー♪

あー、私も読まなきゃ(笑) ……いまから読みます。^^;
がんばりましょうね♪^^
2006/08/10 03:50 URL by さとみ [ 編集] Pagetop△
さとみさん、

ご無沙汰してます。

一時帰国中に「Warped Passages」読みました。
なかなか読み応えあるんですが、
いろんな意味で挑戦的な本でしたねぇ~。
一般向けなので、数式をほとんど使わずに相対論、量子力学にとどまらず、extra dimensionsまでも解説しています。
しかも、彼女の出世作であるRandall-Sundrumモデルをかなり突っ込んで紹介しています。果たしてこの本を読んで、一般の人がどれだけ理解できるか?なんですが、一般向けの本にはいつもついてまわる問題なので、何ともいえませんね。

「ファインマンの手紙」はさすがに読みきれなかった
ので(何せ分厚い!!)、帰国してから続きを読みます。
ぼくの方が一足先に帰国するのかな?

では、またぁ~
2006/09/03 18:59 URL by まる [ 編集] Pagetop△
◆まるさん
おおお~、ランドールの本、挑戦的ですか!(笑)
例のNHKの番組では、確か大学(だったかな?院かな?)での
ゼミでも読んでいるようですよ。
なので、一般向けとはいっても程度は高いものと思われます。
そうかぁ、それはますます読んでみたいですねー
早く帰国したくなってきた(笑)

「ファインマンの手紙」そんなに分厚いんですか!
うむむ、帰国したら、読書の秋だし、ちょうどいいかも?(笑)
まるさんは、いつ帰国されるのでしょう?
うちは10月10日の予定です。^^
2006/09/03 23:50 URL by さとみ [ 編集] Pagetop△
こんにちは。さとみさま、みなさま。

ファインマン先生の映画、小生の場合、偶然で
スカパーにチャネルを回したら、放映の直前でした。

最初のシーンは先生が幼年(4,5歳かな?)のころで
公園でおもちゃ?の台車をひいて遊んでいて、乗っけていた
積み木だかなんだかが倒れるのみて、お父さん?と思われる
人が「ディック、どうして倒れたとおもう?」とかなんとか
慣性だか運動量の話をはじめる、みたいなやつだったかと。
(完璧な記憶違いかもしれません。\(^o^)/)

有名人の映画といえば、ER(ご存知ですよね?)の
ドクター・カーターを演じたノア・ワイリーさんが
「スティーブ・ジョブズ」を演じたドラマもありましたなー。

はは、こちらは、番組欄までチェックしておいて
見逃してしまいましたが。\(^o^)/

「縁」.... なんでしょうかのう? \(^o^)/

----------------
「Warped Passages」、ペーパーバックを購入してから
通勤大学:-)で結構真剣に「拾い読み」中です。

NHKで何度も放映している「未来への提言」で、WPが
大学の授業で使われているシーンがありますが、
(藤四郎なりに)標準理論っていったい、どうやって、
生まれ、何をめざしているのかということが驚くほど
やさしい英語で説明されているので感動しておりまする!!

あと、(藤四郎には)「へー!」な説明がいっぱいあって
うれしいです!!

たとえば、「仮想粒子」(Virtual Particles , p.225)で

”For example, a particle moving very fast
clearly carries a lot of energy.
 A virtual particle, on the other hand, can
have enormous speed but no energy.
In fact, virtual particles can have any energy
that is different from energy carried by the
corresponding true physical particles.
If it had the same energy, it would be a real
particle, not a virtual one.
Virtual particles are a strange feature of
quantum field theory that you have to include
to make the right predictions.”

なんて説明をはじめて目にして、この凡人おやじは
満員ぎゅうぎゅうづめの電車のなかで、「そやったんかー!!」と
ひとり、「至福」(オ、オーバーか?)の時をむかえるわけで
ございます!!

あいや、こんなことは、他のいろんな啓蒙書にかいてあることでしょ?
かもしれませんが、小生にとっては、このランドール博士の
記述がAha!だったわけでして。 \(^o^)/

ではでは。
2006/09/09 10:10 URL by Kimball [ 編集] Pagetop△
◆Kimballさん
ファインマンの映画、ご覧になったのですね!
いいなぁ……
そのお父様との逸話、確か『困ります、ファインマンさん』か何かに
載っていたような……
ああ、実写で観たかった。

ちょうどしっくりくる解説って、ありますよね!
ランドールの説明は、Kimballさんに合っていたということですね。^^
あー 早く読みたい。
「仮想粒子」の説明、面白いですね。
そういう説明のしかたもあるかぁ、という感じ。
私だったら、どう説明するだろう?
不確定性原理からかなぁ。
2006/09/14 09:30 URL by さとみ [ 編集] Pagetop△
はじめまして。

さとみさんのブログは何度か拝読しているのですが、コメントを書くのは初めてですm(__)m

warped passages 読みました!!
「未来への提言」を見たら、著書があるとのこと。
ペーパーバックが出るのを待ってから購入しました。

残念ながら英語が不得手で、
専門的な知識を何一つ持っていなく、
そしてさらに今年受験生(今高3です(^^;))なため、
読み終えるまでに結構かかってしまったのですが、
より一層物理を学びたいという気持ちが高まりました。

これから物理を学ぼうと思っている私にとっては、まさに栄養ドリンクのような存在で、読めば読むほど物理への意欲が倍増してきました!!

まずは現役合格目指して頑張ります。
場違いな人間が長々と失礼しました。
2007/04/28 21:41 URL by Rie [ 編集] Pagetop△
「Warped Passages」の邦訳、ついに出ました!
(普通の本屋では6月30日かな?)
わかりやすい文章ですねー
とてもよいお人柄を感じます。
宇宙観が変われば、人間観も変わる。
物理学者以外も、要注目ですね。
では、頑張ってください☆
2007/06/28 18:00 URL by ぱんだ [ 編集] Pagetop△
ありがとうございます。











管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://feynman777.blog14.fc2.com/tb.php/232-b86eda5e
» FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。