やっぱり物理が好き

素粒子物理や数学の勉強記録、海外滞在記、その他徒然日記
※「物理ブログ同盟」管理人のブログ

 ※ 各エントリーと無関係な雑談は、こちらへどうぞ >>> 雑談用エントリー
 ※ リクエスト、メッセージ等はこちらからどうぞ(お気軽に♪) >>> リクエストメール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 科学ブログへ

※ この記事は、お役に立ちましたか?
 役に立った……ランキングに投票
 役に立たなかった……他の自然科学関連ブログが集まるランキングへ



 先日の日曜、23日(カナダ時間で)に、マギール大学近くのマンションに引っ越しました。全然アパートじゃないです、高層マンションです。人生初のマンション暮らし。この間は、人生初のマウンテンバイクを買ったし、モントリオールに来てから、人生初が多いです。

 ネットそのものはしてたんですが、ゆっくり落ち着いて文章書ける状態ではありませんでした。
 なぜなら……

 ネットはCATVのモデムを使用するのですが、ケーブルが短くてリビングでしかつなげられないのです。リビングのテーブルって、低いですよね。そこにパソコンを置くか、ひざに乗せるかしてパソコンを使っていました。
 ……かなり、使いにくかったです。
 ネットで遊ぶくらいはできるけど、文字を落ち着いて書けるような状況ではありませんでした。

 今日、やっと長めのケーブルを購入し、ダイニングのテーブルでこれを書いています。久々に使いやすい環境です。嬉しいなぁ。

 マンションの紹介をしましょう。

 マギール大学から東にちょっと行ったところにあります。何階建てなのかわかってませんが、私たちが住むことになったのは8階です。20階以上あるみたいです。
 部屋は、ベッドルーム、バスルーム、LDKです。なかなか良い感じ。レジデンスよりちょっとだけ広いです。後日、写真をお見せしましょう。

 モントリオールは、冬、厳寒の地となります。
 そのため、外に出なくても移動ができるように、地下街が発達しています。地下にショッピングモールがあり、それが地下鉄の駅につながってたり、そのまま別の駅に行くとまた地下街が広がってたり。

 このマンションにも、地下街があります。残念ながら地下鉄とはつながってませんが、まあまあ充実しています。グローサリーがあるから、ちょっと地下に下りて買い物してこよう、ということが可能。かなり便利です。
 軽食や電気製品のお店や、いろいろあります。なんと映画館もあったりする(ちゃんと見てないですが、なんかしょぼそうではありますが)。なかなか良さそうなスポーツジム(屋外プールつき)もあり、マンション住民は無料で利用することができます。銀行、郵便局もある。

 すごいですね、確かにこれだけそろっていたら、冬に外に出なくてもいいかも。

 ただし……

 私にとって最重要な、本屋さんがありません。なぜだ。残念。

 ともかく、そんな感じのところで、残りの2ヶ月半くらいをすごすことになりました。
スポンサーサイト


にほんブログ村 科学ブログへ

※ この記事は、お役に立ちましたか?
 役に立った……ランキングに投票
 役に立たなかった……他の自然科学関連ブログが集まるランキングへ



<<モントリオール日記(5) サン・ルイ広場 | Top | モントリオール日記(3) 自転車>>



おお、とうとう引越したのですね。しかも高層マンションですか!短期でも借りれるのですね。

モントリオールがそんなに地下街が発達してるとは知りませんでした。生活の知恵ですね。でもなんで本屋ないんでしょう^^; 冬の夜長に読みそうですけどね。
2006/07/27 23:17 URL by 義太郎 [ 編集] Pagetop△
◆義太郎さん
はいっ! お引っ越ししました!^^
1週間くらいのショートタームでも借りれる家具付きのマンションで、
日本人も結構います。
そうそう、モントリオール、地下街が発達してるんですよー
私も『地球の歩き方』を読むまでは、知りませんでした。
うん、まさしく生活の知恵ですね~
本屋が全般的に少ないように感じるのですが、こちらの人は、
あんまり本を読まないのかなぁ?^^;
2006/07/31 04:08 URL by さとみ [ 編集] Pagetop△
はじめまして。
量子物理学から分子生物学に転学したシュレーデンガー先生のように、量子物理学から地球化学に転学したものです(パウリ効果が頻繁に起こりました)。
エドワード・ウィッテンのように転学して理論物理学で花開く人もいますが、その逆もあると思い、今の道を選択しました。
4つ疑問があるのですが、
量子力学を扱う上で日常とかけはなれたイメージをすることで不安とか感じないものなのでしょうか?私の場合、量子力学が他の日常を扱う実学とあまりにかけ離れていることもあり不安でした。
また、実験結果に反するものがないという理由で成立しているいくつかの理論を扱う上で不安とかは感じないものなのでしょうか。例えば、未解決のボルツマン方程式や光速が一定で電磁波であるという仮定上におけるマクスウェル方程式などは私には不安でした。私が未熟な為でしょうが。
ボーア先生、ハイゼンベルク先生、シュレーディンガー先生、湯川先生など、東洋哲学と量子力学の根底が類似しているとおしゃっていますがどのようにお考えですか。この感覚は私にはないのですが。
ファインマン先生は、「19世紀は化学の時代で、20世紀は物理の時代だった。21世紀は生物の時代だろう」のような言葉を残していますが、いかがお考えでしょうか。
いくつかの不安がもとで理論物理学をドロップアウトしてしまったのでお聞きしたいと思いました。


2008/01/09 17:49 URL by 物理史好き [ 編集] Pagetop△
ありがとうございます。











管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://feynman777.blog14.fc2.com/tb.php/228-e299771c
» FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。