やっぱり物理が好き

素粒子物理や数学の勉強記録、海外滞在記、その他徒然日記
※「物理ブログ同盟」管理人のブログ

 ※ 各エントリーと無関係な雑談は、こちらへどうぞ >>> 雑談用エントリー
 ※ リクエスト、メッセージ等はこちらからどうぞ(お気軽に♪) >>> リクエストメール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 科学ブログへ

※ この記事は、お役に立ちましたか?
 役に立った……ランキングに投票
 役に立たなかった……他の自然科学関連ブログが集まるランキングへ



『模倣犯』感想

『模倣犯』読みました。

 読了したのは数日前なのですが、すぐには感想が書けませんでした。いまでも感想を書くことができるか、よくわかりません。それぐらいすごい作品でした。まさに、「宮部みゆき」の命を削って書かれた作品という感じ。こういうのは読むほうもしんどい(悪い意味じゃなく)。

 では、以下、

『模倣犯(1)』『〃(2)』『〃(3)』『〃(4)』『〃(5)』宮部みゆき著(新潮文庫)

の感想です。

 まず、かなりおおざっぱなあらすじ。

 基本的に、連続誘拐殺人事件のお話です。犯人の行動には非常な嫌悪感を催すほどの「悪」を感じます。第一部では事件そのものの経緯、第二部では犯人の背景、第三部は……(ネタバレせずに)一言で言うと、なんだろう? ちょっと表現しにくいので省略。

 あまりにおおざっぱすぎますが、ちょっと解説しようとすると長々と書いてしまいそうなので……。

 特徴のひとつに、登場人物の多さがあります。

 直木賞を受賞した『理由』(新潮文庫)もそうでしたね。

 事件の周辺をリアルに深く掘り下げて表現するには、登場人物が多くなるのはしょうがないでしょう。実際の事件では、さらに多くの人物が関わるはずだし。

 冗長になりそうなほど、それぞれの人間の背景を書き込んでいるのも、きちんと「人間」「事件」を浮き彫りにしようという意図があるのだと思います。
 推理小説というと、殺人事件という大事件を扱っているにもかかわらず、ストーリー、トリック、オチがメインになってしまって、実際の殺人の裏にある悲しみなどが感じられません。それはそれで、推理小説はエンターテイメントの範疇にあるわけだしいいのですが(そういう推理小説も好きですが)、ときどき、探偵気取りの無邪気な女子大生などに対して「お前、遺族の気持ちを考えてるのか!?」と突っ込んでしまいます。
 宮部作品からは、そういうことは感じられません。むしろそちらのほうに重点を置かれていたりもしますし。

『模倣犯』の場合も、遺族の悲しさ辛さを克明に表しているからこそ、犯人の邪悪さには、たとえ犯人の背景がわかったとしても、同情の余地はありません。犯行と切り離せば同情できなくもないですが、切り離せません。犯行動機、犯行理由にはならない。

 推理小説と思って読むより、推理作家が書いた社会派小説と思ったほうがいいかもしれません(無理にカテゴライズする必要はないのですが)。

 映画のほうについて。

 私はまだ観てませんが、どうも原作とは意図が違うようですね。そもそも、なぜこの作品が『模倣犯』というタイトルなのかを無視してしまっているらしい。ラストが違うんですね。意味合いが全然違う。

 邪悪な犯人は、原作では上記のとおり同情の余地なく、ただただ「悪の塊」なのですが、映画では華麗なる悪の華といった感じで、かっこよくなっちゃってるようです。それも問題ですね。かっこいい存在であっちゃいけないんですよ、あれは。

 ここで、『僕たちの好きな宮部みゆき』(宝島社)に掲載されている映画『模倣犯』のレビューから引用します。映画の監督森田氏と宮部みゆきの対談に関してです。

映画製作者は原作の魂の部分ともいうべきところを軽視したり勝手に歪曲してもいいのであろうか。
……(中略)……
森田監督が、小説の「読後感」をフリーズドライしたのが今回の映画であり、「見た目は違っても、飲み込めば同じ味がするし、同じ栄養があるはずです……」と語っているが、それに対する宮部みゆきの返事は「……(無言)」であった。
 この彼女の反応が雄弁に語ってますね。

 というわけで、映画は観たけど原作は未読の方、機会があったら原作を読んでみるといいかもしれません。
スポンサーサイト


にほんブログ村 科学ブログへ

※ この記事は、お役に立ちましたか?
 役に立った……ランキングに投票
 役に立たなかった……他の自然科学関連ブログが集まるランキングへ



<<物理ブログ同盟 1周年 | Top | 芥川賞・直木賞、決定>>



ありがとうございます。











管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://feynman777.blog14.fc2.com/tb.php/188-0fb5205c
» FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。